『鰹』ver3

古澤の創作意図(デジタルアレンジ)

”魚へん”をジッと眺めていたら、魚に見えてきた。
そこで尾にカツオの特徴を入れました。

また削り節とカンナの雰囲気を出して鰹削り節に!
岐葉先生には、この削り節の発想を気に入っていただけました。

鰹(カツオ)Wikipediaより
日本の太平洋沿岸に生息するカツオは、夏に黒潮と親潮とがぶつかる三陸海岸沖辺りまで北上し、秋に親潮の勢力が強くなると南下する。夏の到来を告げるその年初めてのカツオの水揚げを「初鰹(はつがつお)」と呼び、珍重される。

全世界の熱帯・温帯海域に広く分布する。日本では太平洋側に多く、日本海側では稀である。摂氏19-23度程度の暖かい海を好み、南洋では一年中見られるが、日本近海では黒潮に沿って春に北上・秋に南下という季節的な回遊を行う。食性は肉食性で、魚、甲殻類、頭足類など小動物を幅広く捕食する。

文化
日本では古くから食用にされており、大和朝廷は鰹の干物(堅魚)など加工品の献納を課していた記録がある。カツオの語源は身が堅いという意で堅魚(かたうお)に由来するとされている[6]。「鰹」の字も身が堅い魚の意である。

鰹節(干鰹)は神饌の一つであり、また、社殿の屋根にある鰹木の名称は、鰹節に似ていることによると一般に云われている。

【原作】楽書家・今泉岐葉楽書家:今泉岐葉さんのコメント

魚へんを魚の形に(上向き)。右側の「堅」は堅そうに書きました。

関連する作品一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。