『日傘』

古澤の創作意図(デジタルアレンジ)

日傘の”日”が初見で“目玉のおやじ”に見えましたので、これをどう表現しようかと迷いました
画像加工として逆光処理を加えました。

日傘 Wikipdiaより
日傘は、雨ではなく、強い日差しを避けるためのものであり、地面に軸を突き刺して利用する大判のものもあるが、一般に「日傘」と呼ぶ場合は、雨傘と同じく手にもって使う小型のものを指す。大判のものは「パラソル(parasol、フランス語)」と呼ばれることがあるが、parasolは、フランス語の元来の意味では婦人用の日傘を指す。

日傘は太陽からの熱線を繊維の内側に蓄え、裏まで熱を通さないように、厚地や二重張りの綿、麻、絹、ポリエステルが使用されることが多い。近年は、それらの生地にアルミコーティングなどを施して、さらに熱や紫外線の遮蔽率を向上させている。手に持っている時の負担を軽くするため骨に軽量化されたカーボン素材など使用したものも多い。

【原作】楽書家・今泉岐葉楽書家:今泉岐葉さんのコメント

 

関連する作品一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。