『日焼』

古澤の創作意図(デジタルアレンジ)

岐葉先生の「日焼け」の“日”の部分が「太陽」の象徴になっています。
本当はオレンジ色のギラギラした太陽をイメージして創作を開始しましたが、
焼ける部分をどう表現しようかな?と考えた際に、あえて逆算処理にして“焼けた文字”で表現することにしました。

しかも“日”の部分を、敢えて読めるようにしたことも創作ポイントです。

【原作】楽書家・今泉岐葉楽書家:今泉岐葉さんのコメント

 

関連する作品一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。