『山桜』

古澤の創作意図(デジタルアレンジ)

ほんわかした自然の風景を築けばと思って、水彩画のような世界観を創作致しました。
文字は体がを表しますが、岐葉先生の“山”を見た時に、真っ先に内部を塗りたい気持ちになりました。これで山の雰囲気を強調。“桜”の部分も木を体言しております。

【原作】楽書家・今泉岐葉楽書家:今泉岐葉さんのコメント

「山」は山のように、「桜」は桜の花が咲いている木に見えるでしょうか?

関連する作品一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。