『藤』in 足利フラワーパーク

古澤の創作意図(デジタルアレンジ)

足利フラワーパークでの大藤写真は、古澤の撮影写真です。夜のライトアップは優雅であり妖艶な異空間であります。
そんな大藤に、岐葉先生の“藤”の文字にも、藤の花びらが特徴的です。紫色を残すべきか迷いましたが、写真をポスターに見立てて、ロゴ調にして中心に配置して合成致しました。

『足利フラワーパークとは?』wikipediaより抜粋

栃木県足利市堀込町に早川農園として戦後に開園、周辺の都市化および収益性の向上を求めて1996年2月に大藤4本を現在地に移植した。
樹齢140年以上とされ、各々600畳以上に広がる日本最大面積の「迫間のフジ。
藤棚広さ約1,000平方メートル、樹齢約150年約16万房(2015年5月時点)。
目玉であるフジ(ノダナガフジ3本、八重黒龍1本、白フジのトンネル一式)は栃木県天然記念物に指定され、これらが見頃となる4月中旬から5月中旬に「世界が息を呑んだ美しさ」をキャッチコピーに「ふじのはな物語」と称する藤まつりが開催される。開花時期に合わせ夜間はライトアップされた藤の花を観賞できる。この時期にはバスツアーが多く組まれたり、富田駅・足利市駅に停車する臨時列車が多数設定される。

【原作】楽書家・今泉岐葉楽書家:今泉岐葉さんのコメント

「藤」の字を藤の花が下がっているように表現しました。くさかんむりは、蔦部分です。

関連する作品一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。