『母の日』ver1

古澤の創作意図(デジタルアレンジ)

“母”の文字が❤型。そんな岐葉先生の作品意図を汲んで、母を赤色に表現しました。
文字回りの“淡いピンク紙&花のイラスト”にて、優しさ、柔らかさ のイメージを意識致しました。

母の日と父の日は、毎年5月 第2日曜日です。
『母の日』 出典:語源由来辞典
母の日の由来は、アメリカに住む少女が母の死に遭遇したのち、生前に母を敬う機会を設けようと働きかけたことで、母親思いの娘による感謝の気持ちから生まれた日だということです。
1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死に遭遇したことで、生前に母を敬う機会を設けようと働きかけたことに由来する。続けて定番のプレゼントとして挙げられるのは、カーネーションです。

カーネーションを贈る習慣のはじまりは、母の日の提唱者が祭壇に母親の好きな白いカーネーションを飾ったこと。
それによって、母親が元気であれば赤いカーネーションを、亡くなっていたら白いカーネーションを胸に飾るようになり、カーネーションを贈る習慣へと変化していきました。カーネーションの色は、赤、ピンク、オレンジなど様々で、赤は「母への愛」、ピンクは「感謝の心」、オレンジは「情熱」といった形でそれぞれ花言葉があります。

【原作】楽書家・今泉岐葉楽書家:今泉岐葉さんのコメント

「母」の字をハート形にして、お母さんのあったかい心を表しました。

関連する作品一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。