『響』創作書道

古澤の創作意図(デジタルアレンジ)

岐葉先生の作品で「すごいな!」と一瞬で感じた作品です。
この音波の世界観を、七色を”複数の音色”として表現しながら、一方向の波線だけでなく、他多方向からの波線で壁に反響して返ってきた音も表現しています。

【原作】楽書家・今泉岐葉楽書家:今泉岐葉さんのコメント

筆の線が響き合っているように表現しました。二本の筆を使って書いたので線が二本交差するように引けています。

関連する作品一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。